更年期の症状の有効成分を摂り入れる【イラモヤ撃退プラセンタ】

ホルモンの分泌

ホルモンバランスを整えるたり、自律神経のバランスを整えることが確認されています

更年期は、卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少し精神的、身体的な不調が体に現れてきます。このような更年期障害に有効であるとここ数年大変注目されている物質にプラセンタがあります。ラセンタは日本語に直すと胎盤という意味で、実際に現在サプリメントや美容液などに使われているプラセンタは、ほとんどが豚の胎盤由来のものです。 プラセンタの更年期障害に対する効果として、ホルモンバランスを整えるたり、自律神経のバランスを整えることが確認されていますし、その他に、基礎代謝向上や血行促進作用など様々な体調改善の作用も発揮すると言われており、これらの複合的な作用で高い効果が表れていると考えられて言います。ホルモンを利用した治療方法もありますが、補充療法(HRT)は、月経時に似たような症状や乳がんの発生リスクな高くなるというような副作用があるため更年期症状が強くない人はプラセンタで十分な効果が出ることが期待できます。

医療機関での治療とサプリメントを併用しましょう

プラセンタは、体内にエストロゲンを補充して、症状が緩和することを目的にサプリメントに広く使用されていますが、中でも、特定の病原体を持たないように徹底した衛生環境で健康に育てられたSPF豚と呼ばれる豚から作られるものは、通常の豚由来プラセンタの約3倍の成分を含んでいるとされ、おすすめです。また、ヒト由来のプラセンタラセンタもあり、約50年前にすでに注射薬が開発され、現在でも医療機関で保険適応治療薬メルスモン注射として使われています。 更年期は、成年期と老年期の間の過渡期間とであり、体調に転換期特有の大きな変化が現れるのです。プラセンタを利用した医療機関での治療とサプリメントを併用し、安定した老年期へ移行することができます。